ポリヴェーガル理論


ポリヴェーガル理論では、「安全」と「信頼」に関して神経生理学的なモデルを提唱している。このモデルでは、安全とは、「安全だと感じること」であり、「脅威を取り除くこと」ではないとしている。安全だと感じることが三つの条件に依存している。

 

  1. 自律神経系が防衛を支するような状態にないこと
  2. 社会交流システムが適度に活性化して、交感神経系が抑制し、交感神経系と背側迷走神経回路を機能的に最適な領域に囲い込み、「健康」、「成長」、「回復」を支持する恒常性が保たれていること
  3. ニューロセプションによって、韻律に満ちた声、優しい表情や仕草など、「安全である」という合図を検知すること。