発達障害


発達障害の人は、不快なものに対する耐性が低く、対人コミュニケーションに問題があり、音や気配に過敏です。また、遺伝的要因が強く、トラウマの症状と似ていますが、トラウマを負っている人は、環境要因が大きいです。虐待、ネグレクト、いじめ、自然災害や事件事故など、意識のあるレベルで傷つく経験を負っています。一方で、発達障害の人は、より複雑な要因があり、出産時の医療処置の問題、低体重児、早産などで、身体がガチガチに凍りついて、生体機能に異常があり、そういうところから発達障害を負っていきます。発達障害とトラウマは、症状が似ていて、グラデーションになっていると言えます。

 

発達障害の人の症状として、環境の変化に弱く、季節の変り目に体調を崩します。また、人込みが苦手で、大量の情報が流れ込んでくることに疲れます。ストレスに弱く、発散する方法をみつけられず、辛抱しながら生きているので、ストレスがさらに溜まります。対人関係にも症状が現れ、人と目が合わせられない、関係が長く続かない特徴があります。

 

幼少期から身体の成長が遅く、固まり凍っていることで、話し始めるのも遅いです。人と交流するために必要な脳の神経の発達が遅く、ぎゅっと緊張している状態が続くので、言葉を使って話し始めるのが遅くなります。社会交流をつかさどる部分の成長が遅いです。成長するにつれて、交感神経が活性化して、多動になっていきます。そのために、善悪の判断がつかないまま行動したりしてしまいます。大人になったときに、そのような行動をとったことに罪悪感として残る場合も多いです。

 

発達障害は、もともと生まれ持った特性とされていますが、実際には、早い発達の段階にトラウマ的な侵襲体験をされている方が多いです。体内には、生々しい潜在的なエネルギーを抱えており、なんとも言い表しがたい骨の中や筋肉が疼くとか、体の中に静電気が溜まっているとか、小さな虫が体の中に張ってるような不快な感覚があります。

 

人間関係がうまくいかなかったり、納得がいかないとき、我慢しているとき

小学校のときに長時間立たされているような体が拘束されているようなときに

動きたいときに動けないときに、我慢しているときに不快な感覚に襲われて、じっとしていられなくなります。

 

家のしつけが厳しい家では、

 

ムズムズ、ウズウズが強くなり、その場にじっとしていられなくなります

 

頭の中が真っ白になる、パニックになる、過呼吸などなりやすから、

今まで我慢することが多く、ぎりぎり限界の状況で生きてきて、

 

白か黒か、ゼロか100か

否定的な意見を受け止められない

 

小さい頃からは感情抑制ができない子だけど、大人になる連れて、自分の感情を抑え込んでしまうところがあります。