▶イメージ療法

身体、感情、視覚などを使いながら、精神内界に注意を向けているとイメージが膨らみ、そのイメージを体験させることで治療を促します。人間の精神(スピリチュアル)と身体には、とても奥深いものが隠されています。狭い部屋から抜け出して、内側の世界を探索してみてはどうですか。

 

 

地下へ下りていく長い階段が続いています

 

 

階段は石でできていますが

 

 

それはしっかりしたものではなく階段の幅も狭く

 

 

真っ暗な中

 

 

手探りの状態で歩いてかなり長い時間をかけて降りていきます

 

 

階段を下りたところは

 

 

深く生い茂る暗い森のなかで

 

 

不気味でじめじめとしています

 

 

そこには平らな道があり、その道を歩いていきます

 

 

やがて暗闇が終わりに近づいたとき

 

 

前方に空間が見えてきます

 

 

そしてその中に何か自分のこころを映し出す形がぼんやりと浮かんで見え、

 

 

暗闇を抜け出しました。

 

 

暗い森をでたところは広い河原がありました

 

 

蒼い大気が静かに満ち溢れ

 

 

水の音色が一層神秘的に映ります

 

 

川の水は岩や石の間を流れています

 

 

対岸はまた暗い森になっていて、広い河原の両脇は森があります

 

 

そして、ふと見上げると

 

 

前方には岩でできた秀麗な高山がそびえ立ち。

 

 

静かで奥深い林が広がっています

 

 

風が岩の合間をすり抜けていて

 

 

たい空気が流れています

 

 

頬のあたる空気はひんやりと冷たく

 

 

孤独のやすらぎ、ふる里に帰ったような

 

 

懐かしさに充ちた夢の世界

 

 

静かな心が休まる風景が広がります