回避性パーソナリティ障害

 

回避性パーソナリティ障害の人は、外の世界が危険と感じて、恐怖心が行動ができなくなります。

根底には逃げ場のない状況に追い込まれるのが怖くて、物事を回避していきます。

普通の人なら抵抗なく出来てしまうことが出来なくなります。

 

複雑なトラウマを負って、両親との関係にこじれてきた人に見られます。

森のなかに築かれた入り口のない高い塔にとじこめれたラプンツェルのようです。彼らは、籠の中に捕らわれた鳥のようで、安全感を得たいために内側に隠れて、外に出る勇気がありません。外の世界は悪いところが目について、慎重で引っ込み思案です

 

世界に取り残されて、。