トラウマ臨床

▶トラウマとは

 

トラウマを負うほどの被害に遭った人は、体に恐怖や怒り、痛みが埋め込まれて、その経験に飲み込まれていき、表情、姿勢、目線、声に恐怖心が現れるようになります。体は凍りついた状態でロックされて、被害に遭ったことが頭の中をグルグル回り、同じ所を堂々巡りします。その被害体験にとらわれて、無意識のうちにトラウマを全身で表現して、フラッシュバックが起こり、苦痛で、動けなくなります。トラウマは体に刻み込まれ、自責感や罪悪感にとらわれて、全身で表現して叫ぶような病です。

 

体の中にトラウマを抱えている人は、不快や嫌悪することがあると、過去のトラウマの傷が疼くために、身体が凍りついて、動けなくなります。このとき、体の中で様々なことが起きており、原始的な神経が働き、脳や内臓、気管支、消化器、筋肉、四肢、神経系、免疫系、内分泌系などに大きな影響を及ぼします。トラウマは単に心の傷というものではなく、全身に侵食して、複雑な症状を形成します。

子どもトラウマ

子どもの頃にトラウマを体験する子どもは思っている以上に多く、虐待はどこでも起こっているのが現実です。トラウマを負った子どもは様々な症状を表します。

トラウマ研究

トラウマとは、個人が心身に耐えられない傷を負うことで、客観的に確認できることから、主観的に経験されるものまであります。(姉妹サイトこころのえ)

トラウマ人への接し方

トラウマがある人は、感情や覚醒度の調整がうまくできません。トラウマ持ちの人に関わる場合は、相手のペースや体調を考えましょう。(姉妹サイトこころのえ)